独自ドメインを取得すべきか

2011.08.27

ホームページを制作し公開するには、URLというホームページのアドレスが必要になります。そのURLの中で先頭にあたるのがドメイン、そのドメインを専用で取得し、ホームページを専用のアドレスで表示するのが独自ドメインです。

ホームページのURLは独自ドメインではなくても公開できます。プロバイダなどが提供する無料のサーバースペースは独自ドメインではなく、サブドメインやドメインの下にデレクトリィを付けたものです。 独自ドメインを取得するには、別途コストが掛かる為、ホームページ制作時にドメインを取得するか否かが話題にあがることがあります。非営利のホームページなら、アドレスはなんでもいいかもしれません。しかし、営利を求めるホームページであるならばドメインの取得は必須です。

 

SEO対策と独自ドメイン

無料スペースなどを借りてホームページを開設したとします。その時、同じドメインの下に、同じようなホームページがあった場合、検索エンジンで同じホームページの下にあるコンテンツや、関連するコンテンツであると判断してしまうことがあります。 検索エンジンの検索結果はユーザーの利便性から、検索結果の表示は一ページ内に同じホームページは二つ以上表示されることはありません。 もし同じドメインの下のホームページに強力なライバルがいた場合は、検索結果の一ページ目には表示される事はないということです。

 

独自ドメインと信用

独自ドメインは、会社のホームページにとっては信用度の一つです。独自ドメイン一つ取らないような会社では、インターネットへの取組に対する信用は得られないでしょう。 ホームページ製作会社のホームページにもかかわらず、ドメインを取っていないプロバイダスペースを利用したホームページを見たことがあります。あなたは、そんなホームページ制作の会社を信用できますか?