キーワードを入れる場所

2011.08.27

では、実際にホームページの制作において、検索に対応するキーワードを入れていきます。キーワードの重要さは、タグの順位付けの他、ホームページ内での場所、キーワード文章中に入れる割合、そして、ソース内での場所も影響する要素です。

特にソース内での場所は、HTMLやCSSを駆使できなければ、デザイン上保つことは難しいものです。制作時には、ソース内での場所も意識して構築できる方がSEO対策上は有利と言えます。 おもに、ソース内においては、より前に置いている言葉が重要視されます。ソースが読めないとしても、デザイン上、上のほうにある文字はソース上でも上のほうになることが多いので意識するといいでしょう。さらにSEO上より重みのあるタグを使用することで効果は更にまします。

 

一番重要なメインキーワードを入れて制作

ホームページ上で一番検索されたいメインキーワード。ホームページ内の全てのページでそのメインとなるキーワードは存在しなければ、検索エンジン上ではそのキーワードの重み付けが薄くなる為、メインキーワードが各ページにあることが前提となります。そして、そのメインとなるキーワードは各ページ内においても一番目立つ存在でなければなりません。

まず、トップページではタイトルタグの一番先頭へ挿入します。各ページのタイトルでもメインのキーワードは先頭でなくとも必ず入るようにしてください。 メタ要素で、キーワードの宣言をしますので、必ず入れます。 その他、各ページの上部や下部に、メインキーワードを含んだ文章を強調して入れます。 各ページから、トップページへのリンクにメインキーワードを含んだテキストを使うと効果的です。

 

テーマを作って各ページを制作

各ページでは、ページごとに1つのテーマに沿って制作すると適切にキーワードが入るようになりますので、SEO対策上適切です。 よりテーマを沢山作ってページを沢山作ることで、検索に引っかかりやすくなります。そこで、各ページにメインキーワードやサブキーワードがあると、絡んで検索されるようになるのです。 SEOで優位に立ちたければ、ページ数とキーワードの配置が鍵を握ると考えるように、ホームページの制作を行うといいのです。