製造業・卸売業・工場・部品販売・工事業・建築・商社のホームページ制作

2011.08.27

企業のIT化、インターネットを利用した業務展開などの発達で、企業内でのパソコンを利用した業務が大きなウエイトを占めるようになりました。 取引先企業のIT化に合わせて、メールでの取引やホームページからのデータのダウンロード、企業間での報告連絡システムとしての利用など、ITの使用が余儀なくされている会社も多いのではないでしょうか。

インターネットの普及により、企業間のデータのやりとりなどの効率化が進み、都市部と地方との情報格差がなくなってきました。 同時に、企業間の新規取引先を探すときにインターネットやホームページで検索することが常識的になってきています。

特に地方の取引先を探す場合などはホームページを利用するしかない時も多々あることでしょう。私が依然いた会社においても、ホームページを作成する事で、東京や札幌などの都市部から、地方の取引先を探している会社が問合せをかけてくる事が幾度となくありました。

そんな時は、ホームページの質の高さやシステムとしての機能性が物をいいます。取引先を探す為に様々なホームページを見て選んでいるはずですから、担当者はホームページを沢山見ていることになります。そこでは、より信頼性の高い会社を選ぶためにある程度品質の高いホームページを持っていることがアドバンテージになるはずです。

また、カタログのダウンロードを可能にするなど、ホームページの機能面を高める事によって業務の効率化も見込むことが出来ます。 日本中において、インターネットの利用率は仕事中がもっとも高いのです。そして、この傾向は今後ますます高まってきます。

中小零細企業も、ライバルの動向をみて早い時期にホームページ戦略を立てて他社に先んじるのも一つの手ではないでしょうか。 インターネットでつながることで思わぬところで、新しい取引が始まるかもしれません。

 

あなたの会社も新たなマーケティング戦略の一つとして、ホームページ制作を考えてみてはどうでしょうか。