居酒屋・スナック・焼き鳥・焼肉・クラブ・バー・ラウンジ・水商売のホームページ制作

2011.08.27

お酒が付きものの夜の飲食店。企業の交際費の縮小と、低所得者層の増加、若者の夜の遊びの変化とともに、夜の飲食店にも淘汰の時代となりました。 立地がよければお客様は入る。味とサービスが良ければお客様が通う。という状況は以前の話となり、新規のお客様の獲得にはマーケティングを駆使しなければなりません。

また、リピート客を増やす事は、他の店との差別化やお客様個人に向けた感情に訴えるサービスなどが不可欠な要素となりました。 ホームページはお店の特徴をアピールするのに最適です。

ホームページがあるという事が地方のお客様にお店の存在を知らせるには唯一の手であるといえます。出張のサラリーマンや旅行客はインターネットをよく利用して、ホテルの宿泊の予約や観光地の情報を仕入れようとするものです。そこにうまく絡める事で地方からの新規のお客様の獲得を目指すのです。

また、サービスや価格を明確に表すことにより、お店にきた事がないお客様にとっては安心感をかうことが出来るのです。 地元の新規顧客の獲得やリピータ客を育てるには、ブログ・SNSなどのコミュニティサイトを上手にりようするのが非常に有効です。常に、お客様に対して交流を持つことで、お店に来ていなくても常連客としての気持ちを保ってもらう事が出来るでしょう。

飲食店のホームページは、特殊な機能は余り必要がないため、通信販売などのホームページに比べ、ホームページ制作に関わるコストは少なくてすみます。その分、写真などに十分なコストを投入するなどして効果的なホームページを構築したいものです。