医療機関・病院・歯科医院・治療院のホームページ

2011.08.27

医療機関・病院にとって、外来患者の確保が経営安定の為に大変重要な要素です。 地方の医療機関の現象には、ますます拍車がかかり、医療機関・病院・歯医者さんは都市部に集中、地方の患者にとっては、情報の少なさがネックになり、地方患者が都市部の総合病院に集中するという事態が発生しています。

転勤族や単身赴任者にとって、医療機関の選択は頭の痛い問題です。 一般の生活者にとっても、医療機関の情報の少なさから、自分の状態や症状に見合った病院の選択できていません。

第一初めて受診する病院は患者にとって不安で仕方がないものです。

そこでホームページを利用する事でそれらの問題がクリアする事ができます。 ユビキタス時代の到来と共に、インターネットは更に一般市民の生活に浸透していきます。そう考えればホームページを制作した病院とホームページを制作していない病院では、将来的に明らかな差となって現れるでしょう。

一日の長という言葉があります。未成熟の市場ほど先手を打った者はリスクに見合った見返りが期待できるのです。 いかにして、他の病院との差別化を図れるか、安心感・信頼感を与えられるかが重要です。

個人の医療機関に関して言えば、自らがホームページを制作している場合や医療機器会社などがオマケで作ったなどという話も聞くことがあります。

もし、あなたが患者なら医者ではない人間に医療行為を任せられますか?