寒ざらしそば 和寒雪割りそば 【旭川味見士隊】

2012.02.28

 

道新旭川版のななかまどのミニぐるめ君こと一本松氏の声かけで「旭川味見士隊」を結成。

 

一本松氏の食のコダワリに引き寄せられ、食いしん坊ブロガーや地元にこだわる食の発信者が集まりました。

 

そこで第一回の味見に手を挙げたのが、旭川市近文町の「十割の香 和寒雪割そば」さん。

 

和寒の蕎麦粉十割にこだわった蕎麦屋さんで最近名前を聞いて気になっていたお店。

 

しかしウチからはちと遠い、そんな感じで行くのが遠回しになっておりました。

 

ということで僕は今回初来店。楽しみ楽しみ。

 

20120226-214857.jpg

 

 

今回は寒さらし蕎麦を始めるというので味見です。

 

 

 

蕎麦が出るまでの間、味見のカボチャ団子を前にして一本松さんの緊張感が・・・。

 

最近、髪が紅葉してきたのはこのせいでしょうか(笑

 

 

そんな一本松さんを横目に、向いに陣取った花屋のねーさんとカメラテスト。

 

 

 

 

遠慮なく一眼でパシャパシャやれるのは楽しいすね。

 

 

 

と、やってるうちに蕎麦の登場。

 

十割蕎麦にしてはビジュアルがあっさり目ですかね。

 

そば湯からかな、蕎麦の香りが食欲をそそります。

 

 

 

麺はつるっとした感じ。

 

十割蕎麦にありがちな風貌ではない。田舎蕎麦風でもない上品な感じ。

 

蕎麦の実を数日間清流にさらし、さらに冷風でゆっくり乾燥させることで蕎麦粉が別物に変身するそう。

 

 試しに蕎麦だけを味見。

 

蕎麦のいい香りが口に広がり、意外にもモチッとした食感が心地よし。

 

 

 

岩塩が用意されていたので塩でも食べてみる。

 

塩で蕎麦を食べるのも美味いですね。

 

でも、蕎麦の味がストレートに感じられるので蕎麦自体の出来に左右されそう。

 

きっとどんな蕎麦でも良いわけではないかも。

 

他の人からは、海塩のほうが柔らかい味なのでもっと美味しいのにという意見もあったが、自分はこれでもいいのではないかとも思う。

 

ノーマルな蕎麦つゆが結構優しい味わいなので、お試しで塩で食べてみる程度ならこれぐらい蕎麦つゆとのコントラストがあった方が良いかもしれない。自分が岩塩が好きなのもありますけどね。

 

強いて言えば今の状態ではちょっと塩をつけすぎてしまう。塩をミルでその場でひかせる意味は無いと思われるので、小さな器と茶さじを出せば適度に塩をつけさせることは出来るのではないだろうか。

 

先に言ってしまったが、通常つける蕎麦つゆは優しい味わいで、蕎麦の風味も生かされるが、薬味を加えた時の香りのバランスが非常に良かったと思います。

 

次は、天ぷらソバを是非食べたい!もちろん塩で。

 

 

 

添え物も自然の味で美味しかった。

 

ソバ通ならもりそばに余計な物をつけるなよと言われそうだが、オマケが大好きな色々付いてるのは楽しい限りです。

 

 

ある程度、自由に書いていいはずだったが褒め言葉ばかりになってしまった。

 

 

これじゃ、つまらない自分的に。

 

 

う〜ん。強いて言えば、もっと何か主張があってもいいかな。強いて言うならですけどね。

 

 



20120226-160811.jpg

 



さて、旭川味見士隊はこれからどうなっていくのか楽しみ楽しみ。

 

 

 

 

 

 

っていうか、こんな記事で良かったでしょうか一本松さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

したっけの。